無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    2013.08.31 ウルトラスケート連絡メールNO1
    0
       2013.08.31
      ウルトラスケート連絡メールNO1
       

      ウルトラスケートにエントリーされた皆さんにメールを送付しました。
      受信拒否または登録アドレスミスにより、メールが送付できていないスケーターが多くお見えになります。
      受信設定の変更か登録アドレスの変更を致しますので、メールが届いていない方は
      giaskating@yahoo.co.jp まで連絡をお願いします。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      皆さんこんばんは。
       8月最終日。岐阜は温帯低気圧の通過で雨模様となっています。

      このたびはウルトラスケートにエントリーをいただきましてありがとうございました。

       本日までに156名のエントリーをいただいています。昨年より若干減っていますが、6日までエントリーを延長しましたので、

       周りで悩まれている方がありましたら是非お誘い下さい。

       大会まであと2週間ですが、本日から連絡メールを送付いたしますのでよろしくお願いします。

       最初の連絡メールは健康チェックのお願いです。

       全国では足で走るマラソン大会が数多く開催されていますが、大会中不慮の事故、特に心臓麻痺で亡くなられる方が少なくありません。

      私がボランティアで参加した大会でも、昨年不慮の事故によりランナーが亡くなり、大会もその時点で中止となりました。

       ご本人はもちろん、ご家族、そして他の参加者にとっても残念な結果となってしまいました。

       ウルトラスケートでは、このようなことが絶対に起こらないよう、参加者全員が健康をしっかり自己管理し、大会に臨んでいただきたいと思います。

       なお、大会会場には不測の事態に備え、AEDを配置しています。

       健康チェックをお願いします!

       ウルトラスケートは競争ではありませんが、暑い中長時間のスケートとなり、ついつい無理をしてしまいます。

        参加の皆さんは各自で必ず健康チェックを行ってください。

       未成年の参加者については、保護者が責任を持って実施してくださ

      ◎ 下記事項について該当する項目がある場合は、医師に相談の上参加の可否を決定してください。
      大会の参加は自己責任でお願いします。

       1 心臓病(心筋梗塞等)の診断を受けていたり、治療中である。

       2  血縁者に心臓麻痺で突然無くなった方がいる。

       3 最近1年以上、健康診断を受けていない。

       4 大会直前に風邪などで体調を崩している、または崩した。

       ◎ 下記事項について該当する方は、心筋梗塞等となる危険因子を保有していると思われます。

      該当する項目がある場合は、医師に相談する等十分な注意をお願いします。

      1 血圧が高い。

      2 血糖値が高い。

      3 コレステロール値や中性脂肪が高い。

      4 たばこを吸っている。

      ◎ 体調が思わしくないと感じる場合は、勇気をもって棄権してください。

      ウルトラスケートは今年だけではありません。

      大会前日の深酒、寝不足は事故の原因となりますので、十分配慮してください。

       ◎ 熱中症対策を万全に

      秋とは言いましても 日中は30度近くまで上昇することも予想されますので、こま

       めに水分補給をされ、熱中症対策についてくれぐれもよろしくお願いします。

       
      | GIA スタッフT | ウルトラスケート連絡メール | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://giaskating.jugem.jp/trackback/62