無料ブログ作成サービス JUGEM
ウルトラスケート長良川2017注意事項
0

              ウルトラスケート長良川2017注意事項

     

     

     日本一のインラインスケート長距離大会『ウルトラスケート長良川2017』にエントリーいただきましてありがとうございます。
     大会における諸注意等は以下のとおりですので、必ずお読みのうえ参加してください。

     


          この大会は競争ではありません インラインを一日楽しみましょう!

     


    1 開会式
        大会の諸注意をお伝えしますので、必ず出席してください。
      150km、200km、240km:9月17日(日)4時45分から(受付開始4時30分)
      その他:9月17日(日)8時00分から

    2 練習について
        9月16日(土):午前9時〜午後6時まで長良川沿い側のコースは練習が可能です。
     ただし、占有許可は取っていませんので、個人での責任において安全第一で滑走して下さい。
        9月17日(日):コース内側の指定の場所のみで滑走を認めます。

    3 スタート時間などについて 
      ◎150・200・240km:
       午前5時00分 制限時間12時間15分(終了時間午後5時15分)
      ◎その他:
       午前8時30分  制限時間 8時間45分(終了時間午後5時15分)
       
       各距離全員、周回起点から同時スタートし、スタッフの先導でコース上を移動します。その後距離別のスタート地点を通過したところから自由滑走となります。
       選手は制限時間を超えて次の周回に入ることはできません。

    4 走行コース
       滑走はコースの左側半分とします。
        選手の追い越しは右側から行い、追い越しの際は、大きな声で「追い越します。」の合図の声をかけてください。また、追い抜かれる選手は走路を譲るよう心がけてください。

    5 コーナーでの注意事項
      コーナー手前30mからは、加速・追い抜き禁止とします。また、可能な限り減速に心がけてください。
      疲れてきてからのコーナーは、危険な状況が考えられます。
      転倒による事故が起きないよう、くれぐれも注意してください。

    6 エイドステーション
        周回コースのスタート地点に、選手休憩エリアとエイドステーションを設け、水、あめ、お菓子などを用意いたします。
      季節は秋ですが、日中は30度近くまで上昇することも予想されますので、熱中症予防についてはこまめに水分補給をされるなど、各自対策をよろしくお願いします。
       なお、水分補給等については、事故防止と選手体調監視のため選手休憩エリア以外では認めませんのでよろしくお願いします。
      また、選手休憩エリア内では必ず停止しての補給をお願いします。
       ただし、ウエストバッグなどにボトルを携行し、スケーティング中に水分等の補給を行うことは認めます。(ボトルに水等を補給する場合は、選手休憩エリア内で必ず停止して行うものとし、手渡しなどによるボトル交換は禁止します。)

    7 用具などについて
        スケートについては、形式等は問いません。
      ストック(ポール)の使用は、禁止します。
        スケーティング中は、ヘルメット・手袋については、必ず着用してください。(着用 のない場合出走を認めません。)
        膝、肘あて、手首プロテクターの着用については、個人判断としますが、長い距離ですので、転倒なども考えられます。できる限り着用してください。

    8 大会中の怪我等について
        大会中の事故に伴う怪我等に対して主催者は応急措置のみを行い、主催者は一切責任を負いません。最後まで怪我等のないよう選手各自で気をつけましょう。(競争ではありません。安全第一で!)
     棄権する勇気を持ちましょう。
        選手の疲労状況等により、大会総括より中止を指示する場合がありますので、その場合は決定に従ってください。
        大会中公園使用について占有許可を受けていますが、一般の方の進入も考えられますので、接触等の事故がないようくれぐも注意してください。

    9 計測等について
       周回カウントは、選手各自の責任において行って頂きます。
       周回カウント方法は指定しませんが、スタッフが目で確認出来る方法でお願いします。(応援の方にカウントしてもらうことも可とします。)
        なお、周回数が表示されたナンバーカードを安全ピンでつけていただき、各自で周回ごとにダブルクリップを移動することによりカウントする従来の方法も可能です。
       タイムについては、この大会の趣旨により計測を行いません。
       フィニッシュ地点に時計を設置していますので、各自で確認して下さい。
       ただし、最終周回に入る際に、スタッフにその旨を連絡(声がけ)し、フィニッシュ時はフィニッシュコースに進入してください。

    10 ゼッケン・シールなどについて
    ゼッケンを1枚お渡しします。真ん中にコメント欄を設けていま すので、この大会にかける意気込みなど自由に記載し、胸、背中のどちらかに取り付けてください。
        また、ゼッケンの裏側に氏名及び緊急時に連絡が確実の取れる方の連絡先電話番号・連絡先氏名を記入してください。
      選手ナンバーのシールも1枚お渡ししますので、ヘルメット左側面に貼付してください。

    11 観戦(応援)等について
        コース外であれば、応援はどこでも結構ですが、コースを横切る際は十分注意してください。応援の方などによるコース上での伴走は、大会総括が許可した場合のみ認めま す。
      大会を盛り上げるためにも、自分の競技が終了されましてもお帰りにならないで、時間の許す限りお互いに応援しましょう。

    12 完滑証について
      完滑者に完滑証と完滑メダル(チーム参加は楯または完滑メダル)を授与します。
     
    13 トイレ等について
        スタート地点の公衆トイレを利用してください。仮設トイレのため、お互いがマナーを守り綺麗に利用されますようお願いいたします。
        コース途中にもトイレが1カ所あります。

    14 道の駅について
        現在リニューアル工事中ですが、トイレは利用可能です。
       会場横の道の駅へのスケートでの移動は絶対おやめください。(最低限のマナーです。)また、堤防道路を横断する場合は必ず横断歩道を利用してください。
                                        
    15  駐車場等について
        指定の駐車場のみ利用可とします。また、大会開始後の車の移動については、大会総括が許可した場合のみとなり、出入りすることはできません。

    16  他のイベント開催について
      公園内において別のイベントが開催されています。滑走時の注意事項は随時お知らせします。

    17  ゴミについて
        ゴミ箱は設置しません。ゴミは選手各自で持ち帰りましょう。
     

     

     

    | GIA スタッフT | ウルトラスケート連絡メール | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    ウルトラスケーター並びに応援の皆さんへ  〜 熱中症・脱水症予防のお願い 〜
    0

                ウルトラスケーター並びに応援の皆さんへ 
                 〜 熱中症・脱水症予防のお願い 〜
                   
                                                                           岐阜県インラインスケート協会

       

       

       本大会は、例年厳しい残暑の中で行われています。
       参加スケーター皆さんにとっては、過酷な気象条件の中でウルトラスケートに挑戦していただくことにより、ゴールでは大きな達成感を味わっていただけるのですが、それは同時に熱中症・脱水症など一歩間違うと生命の危険と隣り合わせであるということも忘れてはなりません。
       熱中症などは、正しい知識をもってしっかり準備・対応すれば、予防することは可能です。
       参加スケーターの皆さんや応援の方が楽しく充実したウルトラスケートを過ごすために、以下の事項を必ずお守り下さい。

       

      1 体調が良い状態で参加しましょう。
        …風邪気味や疲労感が残っている場合は、勇気をもって参加を見合わせてください。
      2 大会前日は、早めに就寝しましょう。(深酒は厳禁。睡眠時間は十分に)
      3 スタート前から、水分の補給を行いましょう。(15〜20分毎に50ml程度)
        ※一気に飲み干すような飲み方でなく、少しずつ飲む。
        ※水分だけでなく、スポーツドリンクなどで塩分もあわせて補給する。
      4 大会中は、直射日光から頭部だけでなく、首部も守りましょう。
      5 喉が渇いたと感じる前から、こまめに水分の補給を行いましょう。
      6 エイドステーションでは水分を摂るだけでなく、体に水をかけて体温の上昇を抑えま しょう。
      7 ゴール後は、日陰に入り水分を十分に補給しましょう。

       スケーターの皆さんは、ウルトラスケートに没頭して、水分の補給まで気が回らない状態になります。是非応援する皆さんから、水分補給の指示をお願いします。
        特に、未成年のスケーターについては保護者や引率者が責任を持って水分補給の管理を行ってください。

       レース中に、以下のような状態になると、熱中症などが疑われます。
       ・真っ直ぐ滑れない   ・声をかけても返事がない   ・様子がおかしい
       ・会話が成り立たない  ・意識がもうろうとしている  
       ・頭痛、めまい、吐き気、嘔吐、悪寒がある

       このような場合には、迷わず、滑走を中断し、応援の方なども強制的に滑走を中断させてください。
       水分補給、塩分補給を促し、手元に冷やせるものがあれば後頭部や脇の下を冷やして、スタッフの指示を仰いで下さい。

       主催者は、エイドステーションの設置などの体制をとりますが、「自分の体は自分で守る」という自覚が事故を防ぐ最善の対策ということをご理解願います。


        また、大会参加中に発生した事故については、その原因の如何を問わず、一切主催者及び関係者は責任を負いません。


       

      | GIA スタッフT | ウルトラスケート連絡メール | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      ウルトラスケート連絡NO6
      0

        ウルトラスケート連絡NO6
        日曜日の天気予報ですが、岐阜全体では40パーセントとなってますが、様々なサイトを見ますと日曜日に途中降雨がある予報が多くなってます。
        悪天候や雷が予想されない限り大会は開催いたしますので、雨対策をお願いします。
        ウィールにつきましては、アスファルト舗装のため特に雨用や柔らかめのウィールを用意する必要はないと思いますが、服装については冷えなどの対策として、着替えはもちろん、長袖やアームウォーマーなどの用意があった方が安心かと思います。カッパは蒸し風呂状態を覚悟してください。
        ベアリングについては、長時間雨の中を滑った際には、砂利などの混入やオイル抜けで止まった途端に回らなくなることもありますので、予備のベアリングの用意は必須です。
        雨だと嫌になるのは当然のことなんですが、大会でなければ雨の中を滑るなんてことはないわけですから、雨もまた楽し くらいに思っちゃいましょう。
        メリットもあります。
        呼吸は間違いなくし易くなります。熱中症の危険は依然ありますが、直射日光が無いことは楽になります。
        自然相手のスポーツですから、様々な環境になってもそれを受け入れて楽しんじゃいましょう。
        目標距離の途中で止められても、その距離までの完滑証はお渡しします!

         

         

        | GIA スタッフT | ウルトラスケート連絡メール | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        ウルトラスケート連絡NO5
        0

          ウルトラスケート連絡NO5

          18日の週間天気予報が出ました。
          http://www.jma.go.jp/jp/week/328.html

          今のところ 曇り 降水確率40%となっています。
          最高気温予想が30度ということで、非常に蒸し暑い環境が予想されます。

          台風については現在2つ発生しておりますが、いずれも影響はないだろうと思われます。
          前日土曜日の15時頃に一時雨の予報となっておりますが、このままでいけば問題ないと思われます。
          ウルトラスケートは、雷、強風等の悪天候ではない限り、雨天決行となります。
          3年前は、降雨の中でしたが選手はほぼ全員が集合し、ほぼ全員が完滑しました!

          でも、ウルトラは快晴の中で開催するものです。
          テルテル坊主に期待します。

           

          | GIA スタッフT | ウルトラスケート連絡メール | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          ウルトラスケート連絡NO4
          0

             

            ウルトラスケート連絡NO4です。
            岐阜県内、会場近くの観光スポットなどのリンク集 
            大会終了後、そして翌日に是非お出かけください。
            ○ 木曽三川公園http://www.kisosansenkoen.go.jp/index.html

            ○ 養老公園http://www.yoro-park.com/

            ○ 千代保稲荷神社(海津市)http://www.nisimino.com/nisimino/tokusyu/ochobo/

            ○ 海津市観光協会http://www.kaizukanko.jp/

            ○ アクア・トトぎふhttp://aquatotto.com/

            ○ モレラ岐阜http://www.malera-gifu.com/page/

            ○ 岐阜市、岐阜城などhttp://www.gifucvb.or.jp/sightseeing/index.php

            ○高橋尚子ロード   http://www.mapion.co.jp/m/35.4375880555556_136.776099722222_8/

            ○ モネの池 http://www.kankou-gifu.jp/spot/5094/

            ○ ぎふ観光ガイド(岐阜県観光連盟ホームページ)http://www.kankou-gifu.jp/index.html

            最後に・・・大会で疲れた身体には温泉です。近郊の温泉施設です。

             海津温泉http://www.group-sanwa.co.jp/kaizuspa/

             水晶の湯http://suisyounoyu.com/

             羽島温泉http://hashima-onsen.jp/

             

            | GIA スタッフT | ウルトラスケート連絡メール | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            ウルトラスケート連絡NO3
            0

              ウルトラスケート連絡NO3です。

              大会前日からのご案内とお願いなどです。

              ○ 17日(土)
               ☆ 午前9時〜午後6時まで「長良川沿い側」 
              のコースは練習が可能です。
                 ただし、占有許可は取っていませんので、 
              あくまでも個人の責任において安全第一で滑走して下さい。午後6時で会場入り口が閉鎖されますのでお気を付け下さい。会場内での車中泊はできませんので、道の駅をご利用ください。

              ☆ 大会前日受付を15時頃(予定)〜18時まで行います。
                大会当日は、早朝よりあわただしくなりますので、練習に来られる方はできる限り前日受付と、ゼッケンへの氏名等の記入、コメント等の書き込みを行ってください。 毎年、大会当日の朝はあわただしいです・・・ゼッケンには、コメント欄があります。意気込みなど何でも書いてください。なお、裏面には緊急時の連絡先をご記入いただきます。

              ☆ ゼッケンを付ける安全ピンなどは、各自でご用意願います。薄手のウエアを着用される方が多く破損を避けるため、ゼッケンの装着は各自の方法で行ってください。

              ○ 18日(日)
               ☆ 駐車場・・・午前4時解錠(開場)、午前8時閉鎖。大会会場駐車場には、当日の朝「4時00分から8時まで」の間に限定して入場が可能となります。入り口は「道の駅」前の入り口のみです。 
              駐車場入り口の場所はこちらです。
                http://www.mapion.co.jp/m/35.2720844444444_136.674518333333_10/
               当日は、係員の指示に従って入場して下さい。 また、大会開始後は少なくとも午前中は駐車場から車を出すことができません。
               完滑後の車の移動につきましては、全て係員の指示に従ってください。車でご来場の場合、会場横には、道の駅がありますのでご利用下さい。


              ☆ マメ(靴擦れ)対策を万全に
               長時間のスケーティングにより、普段では考えられないところにマメができ、痛みなどからフォームを崩し、苦労されているスケーターが毎年みえます。
               事前のマメ対策を万全にしてください。テーピングでの保護、保護絆創膏での事前対策をお勧めします。主催者は、簡易な絆創膏程度は用意しておりますが、各自の対策は各自で行っていただきますようお願いいたします。

              ☆ 水などの準備について
               主催者としてエイドステーションを設置しておりますが、全ての方の大会全時間の水分補給などに完全には対応できません。したがいましてお車でお越しのスケーターにおかれましては、必ずご自分用のクーラーボックス、水や栄養補給食などの準備のご協力をお願いいたします。秋とは言いましても、気温の上昇が予想されます。熱中症対策をよろしくお願いします。

              なお、お車でない参加の方については、持ち運び大変ですので、全てエイドステーションにおいて水分補給、お菓子などをご利用頂いて構いません。
              ゴミを出さないよう、環境に配慮するために、エイドを利用する際のマイコップ・カップ、マイ箸などをご準備いただければありがたいです。
               長時間となりますので、ガス欠とならないよう注意してください。道の駅にはレストランや売店がありますので、そちらもご利用ください。

               

              | GIA スタッフT | ウルトラスケート連絡メール | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              ウルトラスケート連絡NO2
              0

                ウルトラスケート長良川2016注意事項
                日本一の長距離大会『ウルトラスケート長良川2016』にエントリーいただきましてありがとうございます。
                 大会における諸注意等は以下のとおりですので、必ずお読みのうえ参加してください。
                この大会は競争ではありませんインラインを一日楽しみましょう!
                1 開会式
                大会の諸注意をお伝えしますので、必ず出席してください。
                  150km、230km:9月18日(日)5時10分から
                  その他     :9月18日(日)8時00分から

                2 練習について
                9月17日(土):午前9時〜午後6時まで長良川沿い側のコースは練習が可能です。
                ただし、占有許可は取っていませんので、個人での責任において安全第一で滑走して下さい。
                9月18日(土):コース内側の指定の場所のみで滑走を認めます。

                3 スタート時間などについて 
                  ◎150・230km:
                   午前5時30分 制限時間11時間15分(終了時間午後4時45分)
                  ◎その他     :
                   午前8時30分 制限時間 8時間15分(終了時間午後4時45分)
                   
                   各距離全員、周回起点から同時スタートし、スタッフの先導でコース上を移動しま  す。その後距離別のスタート地点を通過したところから自由滑走となります。
                   選手は制限時間を超えて次の周回に入ることはできません。

                4 走行コース
                 滑走はコースの左側半分とします。
                選手の追い越しは右側から行い、追い越しの際は、大きな声で「追い越します。」の合図の声をかけてください。また、追い抜かれる選手は走路を譲るよう心がけてください。

                5 コーナーでの注意事項
                  コーナー手前30mからは、加速・追い抜き禁止とします。また、可能な限り減速に心がけてください。
                  疲れてきてからのコーナーは、危険な状況が考えられます。
                  転倒による事故が起きないよう、くれぐれも注意してください。

                6 エイドステーション
                周回コースのスタート地点に、選手休憩エリアとエイドステーションを設け、水、あ め、お菓子などを用意いたします。
                  季節は秋ですが、日中は30度近くまで上昇することも予想されますので、熱中症予防についてはこまめに水分補給をされるなど、各自対策をよろしくお願いします。
                 なお、水分補給等については、事故防止と選手体調監視のため選手休憩エリア以外では認めませんのでよろしくお願いします。
                  また、選手休憩エリア内では必ず停止しての補給をお願いします。
                 ただし、ウエストバッグなどにボトルを携行し、スケーティング中に水分等の補給を行うことは認めます。(ボトルに水等を補給する場合は、選手休憩エリア内で必ず停止して行うものとし、手渡しなどによるボトル交換は禁止します。)

                7 用具などについて
                スケートについては、形式等は問いません。
                  ストック(ポール)の使用は、禁止します。
                スケーティング中は、ヘルメット・手袋については、必ず着用してください。(着用のない場合出走を認めません。)
                膝、肘あて、手首プロテクターの着用については、個人判断としますが、長い距離で すので、転倒なども考えられます。できる限り着用してください。

                8 大会中の怪我等について
                大会中の事故に伴う怪我等に対して主催者は応急措置のみを行い、主催者は一切責任を負いません。最後まで怪我等のないよう選手各自で気をつけましょう。(競争ではあ りません。安全第一で!)
                棄権する勇気を持ちましょう。
                選手の疲労状況等により、大会総括より中止を指示する場合がありますので、その場合は決定に従ってください。
                大会中公園使用について占有許可を受けていますが、一般の方の進入も考えられますので、接触等の事故がないようくれぐも注意してください。

                9 計測等について
                周回カウントは、選手各自の責任において行って頂きます。
                周回カウント方法は指定しませんが、スタッフが目で確認出来る方法でお願いします。(応援の方にカウントしてもらうことも可とします。)
                なお、周回数が表示されたナンバーカードを安全ピンでつけていただき、各自で周回ごとにダブルクリップを移動することによりカウントする従来の方法も可能です。
                タイムについては、この大会の趣旨により計測を行いません。
                フィニッシュ地点に時計を設置していますので、各自で確認して下さい。
                ただし、最終周回に入る際に、スタッフにその旨を連絡(声がけ)し、フィニッシュ時はフィニッシュコースに進入してください。

                10 ゼッケン・シールなどについて
                ゼッケンを1枚お渡しします。真ん中にコメント欄を設けていますので、この大会にかける意気込みなど自由に記載し、胸、背中のどちらかに取り付けてください。
                また、ゼッケンの裏側に氏名及び緊急時に連絡が確実の取れる方の連絡先電話番号・連絡先氏名を記入してください。
                  選手ナンバーのシールも1枚お渡ししますので、ヘルメット左側面に貼付してください。

                11 観戦(応援)等について
                コース外であれば、応援はどこでも結構ですが、コースを横切る際は十分注意してください。応援の方などによるコース上での伴走は、大会総括が許可した場合のみ認めます。
                  大会を盛り上げるためにも、自分の競技が終了されましてもお帰りにならないで、時間の許す限りお互いに応援しましょう。

                12 完滑証について
                  完滑者に完滑証と完滑メダル(チーム参加は楯または完滑メダル)を授与します。
                 
                13 トイレ等について
                スタート地点の公衆トイレを利用してください。仮設トイレのため、お互いがマナーを守り綺麗に利用されますようお願いいたします。
                コース途中にもトイレが1カ所あります。

                14 道の駅利用について
                会場横の道の駅へのスケートでの移動は絶対おやめください。(最低限のマナーです。)また、堤防道路を横断する場合は必ず横断歩道を利用してください。

                15 駐車場等について
                指定の駐車場のみ利用可とします。また、大会開始後の車の移動については、大会総括が許可した場合のみとなり、出入りすることはできません。

                16 ゴミについて
                ゴミ箱は設置しません。ゴミは選手各自で持ち帰りましょう。

                17 ご意見承ります
                今回の大会について、あるいは今後の大会についての要望、その他なんでも結構です、スタッフにお気軽に意見をお寄せ下さい。
                  みんなで、インラインスケートを盛り上げていきましょう。!

                 

                | GIA スタッフT | ウルトラスケート連絡メール | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                ウルトラスケート連絡
                0

                  ウルトラスケートエントリーの皆さんこんにちは
                  このたびはウルトラスケートにエントリーをいただきましてありがとうございました。
                  今年は最終的に174名のエントリーとなりました。
                  さて、大会まであと半月ですが、本日から何回か大会情報やお願いなどをUPしていきますのでよろしくお願いします。
                  最初の連絡メールは健康チェックのお願いです。
                  全国では足で走るマラソン大会が数多く開催されていますが、大会中不慮の事故、特に熱中症や心臓麻痺で亡くなられる方が少なくありません。
                  ウルトラスケートでは、このようなことが絶対に起こらないよう、参加者全員が健康をしっかり自己管理し、大会に臨んでいただきたいと思います。

                  健康チェックをお願いします

                  ウルトラスケートは競争ではありませんが、暑い中長時間のスケートとなり、ついつい無理をしてしまいます。

                  参加の皆さんは各自で必ず健康チェックを行ってください。

                  未成年の参加者については、保護者が責任を持って実施してください。

                  ◎ 下記事項について該当する項目がある場合は、医師に相談の上参加の可否を決定してください。

                  大会の参加は自己責任でお願いします。

                  1 心臓病(心筋梗塞等)の診断を受けていた 
                  り、治療中である。

                  2  血縁者に心臓麻痺で突然無くなった方がいる。

                  3 最近1年以上、健康診断を受けていない。

                  4 大会直前に風邪などで体調を崩している、または崩した。

                  ◎ 下記事項について該当する方は、心筋梗塞等となる危険因子を保有していると思われます。

                  該当する項目がある場合は、医師に相談する等十分な注意をお願いします。

                  1 血圧が高い。

                  2 血糖値が高い。

                  3 コレステロール値や中性脂肪が高い。

                  4 たばこを吸っている。

                  ◎ 体調が思わしくないと感じる場合は、勇気をもって棄権してください。

                  ウルトラスケートは今年だけではありません。

                  大会前日の深酒、寝不足は事故の原因となりますので、十分配慮してください。

                  ◎ 熱中症対策を万全に
                  秋とは言いましても 日中は30度近くまで上昇することも予想されますので、こまめに水分補給をされ、熱中症対策についてくれぐれもよろしくお願いします。

                   

                   

                   

                  | GIA スタッフT | ウルトラスケート連絡メール | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  ウルトラスケート大会情報NO8
                  0
                    こんにちは。最後の連絡になると思います。

                    少し心配された天候も、当日は降水確率20%ということで、ほぼ雨の心配はなくなりました。皆様の心がけのおかげです(笑)

                    昨年に続き素晴らしいウルトラ日和になりそうです。

                    http://www.jma.go.jp/jp/week/328.html

                    21日前日は、大会スタッフは2時頃までには会場に到着いたしますが、準備できしだい3時開始を目安に前日受付を行います。

                    練習に来られる皆さんは受付をできる限り前日に済ませて下さい。

                    例年のことですが、会場設営のスタッフが不足しておりますので、もしお手伝いいただける方がありましたらよろしくお願いいたします。

                    もう一度注意事項など連絡いたします。

                    ○ 秋とは言いましても、予想気温は28度となっています。熱中症対策を万全に各自よろしくお願いします。
                    ○ 主催者としてエイドステーションを設置しておりますが、全ての方の大会全時間の水分補給などに完全には対応はできません。

                    したがいましてお車でお越しのスケーターにおかれましては、必ずご自分用のクーラーボックス、水や栄養補給食などの用意へのご協力をお願いいたします。
                     
                    なお、お車でない参加の方については、運搬が大変ですので、全てエイドステーションにおいて水分補給、お菓子などをご利用頂いて構いません。
                    ○ ゼッケンを付ける安全ピンなどは、各自ご用意ください。ゼッケンは1枚です。

                    ○ 22日(火・休)大会当日
                    ☆ 駐車場・・・午前4時解錠(開場)、午前8時閉鎖。

                    大会会場駐車場には、当日の朝「4時00分から8時まで」の間に限定して入場が可能となります。入り口は「道の駅」前の入り口のみです。 
                    駐車場入り口の場所はこちらです。
                    http://www.mapion.co.jp/m/35.2720844444444_136.674518333333_10/
                    当日は、係員の指示に従って入場して下さい。 また、大会開始後は少なくとも午前中は駐車場から車を出すことができません。
                    完滑後の車の移動につきましては、全て係員の指示に従ってください。
                    車でご来場の場合、会場横には、道の駅がありますので是非ご利用下さい。

                    ○ 150キロ、222キロの選手は、日の出時間とスタート時間がほぼ同じとなっています。暗いことも予想されるため、適宜ヘッドライトの準備をお願いいたします。

                    ○ 大会当日以外のコースは、堤防道路側は車両が通行します。滑走の際には十分ご注意下さい。

                    ○ 大会当日は、カザックス、キングティー各ショップがオープンします。掘り出し物もきっとあると思います。是非ご利用下さい。

                    ○ 大会前日21日からの連絡先電話番号は 080−3280−0299となります。 

                    大会会場までお気を付けてお越し下さい。







                     
                    | GIA スタッフT | ウルトラスケート連絡メール | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    ウルトラスケート大会情報NO7
                    0



                      ウルトラスケート大会記念Tシャツのご案内です。

                      ウルトラスケート参加記念に、完滑の記念にいかがでしょうか。

                      秋でも日中はまだまだ暑いですから、Tシャツは手放せません。

                      秋らしいバーガンディで、普段着にも使えます。


                       
                      | GIA スタッフT | ウルトラスケート連絡メール | comments(0) | trackbacks(0) | - |